活動レポート

【16基目】仔羊幼稚園(愛知県豊橋市)

2015年10月、「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」による16基目の「そらべあ発電所」を、愛知県豊橋市にある「仔羊幼稚園」に寄贈しました。
この寄贈を記念して2015年10月27日に同園で開催した、そらべあ発電所寄贈記念式典の様子をご紹介します。

仔羊幼稚園 集合写真


園に着くと、広い園舎で元気に遊ぶ子どもたちが私たちを温かく迎えてくれました。
山の麓に位置している仔羊幼稚園はとても豊かな自然に囲まれているのが印象的で、天気に恵まれた式典当日、園には力強い日差しがさんさんと降り注いでいました。

仔羊幼稚園

式典には、広い会場に年少から年長までの約180名の園児のほか、園の先生方や保護者の方、そらべあ基金の関係者が集い、みんなで「そらべあ発電所」の設置と発電開始をお祝いしました。

記念式典の様子1
記念式典の様子2
記念式典の様子3


式典の最後に、同園園長の上里氏より、「ちょうど今、この会場を照らしてくれている蛍光灯は、そらべあ発電所で作られた電気を使って動いています。このように実際に太陽光の力をこの目で見て、改めて電気の大切さを実感しています。今回、素晴らしい発電設備を寄贈くださったソニー損保の皆さま、そらべあ基金の皆さまに心からお礼申し上げます。
仔羊幼稚園の皆さん、今日のような青い空がこの先いつまでも続くように、自然を大切にすることを忘れないでください。皆さんの力で未来の地球をつくっていってください。」とのごあいさつをいただき、式典が締めくくられました。

記念式典の様子4

屋上に設置された「そらべあ発電所」
式典後に屋上に設置された「そらべあ発電所」を見に行ってみると、そこには太陽を浴びる「そらべあ発電所」が。園長先生曰く、10月18日に設置工事が完了してから元気に発電をしてくれているとのこと。同園は四季を通じて陽当たりに非常に恵まれているそうですので、「そらべあ発電所」のこれからの頑張りに期待が持てそうです。

 

仔羊幼稚園の皆さま、式典開催にあたり多大なご協力をいただき誠にありがとうございました。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバック
http://ecology.sonysonpo.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/175160