活動レポート

幼稚園にソーラー発電所を【2022年4月の実績報告】

5月4日に沖縄の梅雨入りが発表されました。これは、平年より6日、昨年より1日早い梅雨入りだそうです。気温と湿度が高くなるこれからの季節、食品を腐らせてしまったり、食欲が落ち食事を食べ残したりといった経験はないでしょうか。

食べ残しや売れ残り、期限切れ食品など、食べることができたはずの食品が廃棄される食品ロス。2019年の日本の食品ロスは年間570万トン。毎日、大型トラック(10トン車)約1,560台分の食品を廃棄しています。

大量の食品ロスは、環境への負荷をはじめとするさまざまな問題に悪影響を及ぼします。近年、社会の関心度が高まっているSDGs(Sustainable Development Goals)には、17のゴールと169のターゲット(達成基準)が設定されていますが、食品ロスの削減も、このターゲットの一つ。ターゲット12.3として「2030年までに小売・消費レベルにおける世界全体の1人当たりの食料の廃棄を半減させ、収穫後損失などの生産・サプライチェーンにおける食料の損失を減少させる」と盛り込まれています。

目標達成には、一人ひとりが食品ロス削減を意識し、実行する必要があります。基本は、買い物時に「買いすぎない」、料理を作る際に「作りすぎない」、外食時に「注文しすぎない」、そして「食べきる」こと。その積み重ねが大きな削減につながります。農林水産省のサイトでは、食品ロスを出さないためのヒントを紹介しているので参考にしてみてはいかがでしょうか。

282929_01r.JPG

(出典)
・政府広報オンライン:もったいない!食べられるのに捨てられる「食品ロス」を減らそうhttps://www.gov-online.go.jp/useful/article/201303/4.html(2022年5月30日参照)
・農林水産省:食品ロスの現状を知る
https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/2010/spe1_01.html(2022年5月30日参照)
・農林水産省:今日からはじめる食品ロス削減のためのヒント
https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/2010/spe1_04.html(2022年5月30日参照)

 

それでは、4月分の「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」の実績報告をさせていただきます。
 
【予想より走らなかった距離】
4月:1,021,845百㎞
100km=1円を、ソニー損保が寄付します。
 
【貯まった寄付額】
・(4月)102万円分
・(累計)14,594万円分
 
【ソーラー発電所】
・(累計寄贈数)31基
 
282929_02.JPG

【ソーラー発電所寄贈以外の、そらべあ基金との主な取組み】
・そらべあキッズ応援隊 DVD環境教育教材 作成
・いわき市の小学校でワークショップ 実施
・「そらべあ」絵本 製作
・環境パズルで学べる「おもしろ☆おえかきコンテスト」 実施

今後とも当プログラムへのご理解とご協力をどうぞよろしくお願いします。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバック
https://ecology.sonysonpo.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/253829