活動レポート

幼稚園にソーラー発電所を【2021年8月の実績報告】

オリンピック・パラリンピックが閉幕しました。これを機に運動を始めよう、再開しようと思われた方も多いのではないでしょうか。とはいえ、コロナ禍により、思うように施設へ通えない、仲間と集えない状況が続きます。そこで、場所を選ばずにできるエクササイズに注目してみました。

スポーツ庁では、身体の状態を知るための動画サイトを公開しています。部位ごとに11編、併せて模範動作ができなかった場合の改善動画もあります。動画の尺は長いもので5分程度。多くが1~3分なので気軽に視聴できるのもいいですね。運動に興味のない方も身体の状態を知るツールの一つとして活用されてはいかがでしょうか。

スポーツ庁: 室伏長官が考案・実演する身体診断「セルフチェック」動画
https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/sports/jsa_00040.html (2021年9月27日参照)

272077_01.JPG


 

それでは、8月分の「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」の実績報告をさせていただきます。

【予想より走らなかった距離】
8月:1,092,181百㎞
100km=1円を、ソニー損保が寄付します。
 
【貯まった寄付額】
・(8月)109万円分
・(累計)13,717万円分
 
【ソーラー発電所】
・(累計寄贈数)31基
 

272077_02.JPG

【ソーラー発電所寄贈以外の、そらべあ基金との主な取組み】
・そらべあキッズ応援隊 DVD環境教育教材 作成
・いわき市の小学校でワークショップ 実施
・「そらべあ」絵本 製作
・環境パズルで学べる「おもしろ☆おえかきコンテスト」 実施
 

今後とも当プログラムへのご理解とご協力をどうぞよろしくお願いします。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバック
https://ecology.sonysonpo.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/243230