活動レポート

幼稚園にソーラー発電所を【2021年6月の実績報告】

269216_01.jpg

連日厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
熱中症や夏バテなど、体調を崩されませんようにご自愛ください。
 
今回は、熱中症防止に向けた便利な情報をお届けいたします。
みなさまは「熱中症警戒アラート」をご存じでしょうか。
「熱中症警戒アラート」は、熱中症の危険性が極めて高くなると予測された際に、危険な暑さへの注意を呼びかけ、 熱中症予防行動をとっていただくよう促すための情報です。
 
熱中症警戒アラートの発表状況は、気象庁の発表するさまざまな気象情報と同様に、ニュースや天気予報等の多くの手段で知ることができます。環境省や気象庁のサイトで、最新の状況をご確認ください。
メール配信や、環境省公式アカウントによるLINE通知といった、便利なサービスもあるようなので、ぜひ活用してみてくださいね。
 
「熱中症警戒アラート」が発表された時には、次のような行動をとり、熱中症予防に努めましょう!
 
【アラート発表時の熱中症予防行動の例】
・不要不急の外出は避け、昼夜を問わずエアコン等を使用する。
・高齢者、子ども、障害者等に対して周囲の方々から声かけをする。
・身の回りの暑さ指数(WBGT)を確認し、行動の目安にする。
・エアコン等が設置されていない屋内外での運動は、原則中止または延期する。
・のどが渇く前にこまめに水分補給するなど、普段以上の熱中症予防を実践する。
 
(出典):環境省熱中症予防情報サイト(https://www.wbgt.env.go.jp/about_alert.php)(2021月7月26日参照)
 
 
それでは、6月分の「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」の実績報告をさせていただきます。
 
【予想より走らなかった距離】
6月:1,284,702百㎞
100km=1円を、ソニー損保が寄付します。
 
【貯まった寄付額】
・(6月)128万円分
・(累計)13,496万円分
 
【ソーラー発電所】
・(累計寄贈数)28基
 
269216_02.jpg
 
【ソーラー発電所寄贈以外の、そらべあ基金との主な取組み】
・そらべあキッズ応援隊 DVD環境教育教材 作成
・いわき市の小学校でワークショップ 実施
・「そらべあ」絵本 製作
・環境パズルで学べる「おもしろ☆おえかきコンテスト」 実施
 
今後とも当プログラムへのご理解とご協力をどうぞよろしくお願いします。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバック
https://ecology.sonysonpo.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/240424