活動レポート

幼稚園にソーラー発電所を【2019年5月の実績報告】

236171_01.png

この時期になると、スーパーなどで梅がたくさん売られているのを目にされる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「つゆ」を梅の雨とも書くように、熟した梅の実は雨が降る季節である6~7月が収穫時期になります。
梅には、疲労回復効果や食欲増進、動脈硬化の予防などさまざまな効能があり、クエン酸やカルシウム、鉄分やマグネシウムなどのミネラルやビタミンも大変豊富な万能食材です。
また、手軽にご家庭でも加工品を作って楽しめます。新鮮な梅が手に入るこの季節、ぜひ梅酒や梅シロップ、梅ジャムなど手作りにチャレンジされてみてはいかがでしょうか。


(出典)
JA紀州みなべいなみ梅部会 https://www.minabe-ume.com/kounou.html(2019年6月13日参照)


          

それでは、5月分の「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」の実績報告をさせていただきます。

【予想より走らなかった距離】
5月:913,710百㎞

100km=1円を、ソニー損保が寄付します。

【貯まった寄付額】
・(5月)91万円分
・(累計)10,001万円分

【ソーラー発電所】
・(累計寄贈数)23基

【コラボレーション】
・(2011年3月)そらべあキッズ応援隊 DVD環境教育教材 作成
・(2012年2月)いわき市の小学校でワークショップ 実施

236171_02r.JPG

今後とも当プログラムへのご理解とご協力をどうぞよろしくお願いします。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバック
https://ecology.sonysonpo.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/208539