活動レポート

幼稚園にソーラー発電所を【2019年4月の実績報告】

先日、気象庁が沖縄・奄美地方の梅雨入りを発表しました。2019年5月16日ごろの梅雨入りということで、昨年に比べると15日ほど早かったそうです。
関東の梅雨入りはこれからですが、一部地域では30℃を超す真夏日が続き、早くも夏の到来を思わせる気候になってきました。


ところで、「エアコンの試運転は夏本番前にしておくのがおすすめ」という情報がSNS上で広く拡散されていることを目にしました。

というのも、多くの人が本格的にエアコンを使い始める7月に入ると、“エアコンの電源が入らない”、“しっかり冷えない”といった問合せがメーカーに殺到し、エアコンが壊れている場合は点検・修理までに時間がかかることもあるとのこと。そのため、夏本番前の5月頃にエアコンをつけてみて、不具合がないか確認しておくことが推奨されているそうです。

(出典)
Panasonic 夏本番前に、エアコンチェック!
https://www.panasonic.com/jp/support/consumer/special/aircon_summer.html
(2019年5月23日参照)

皆様も夏本番前の今の時期に、一度エアコンの試運転をされてみてはいかがでしょうか?

236162_02.png          

 

それでは、4月分の「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」の実績報告をさせていただきます。

【予想より走らなかった距離】
4月:916,360百㎞百㎞

100km=1円を、ソニー損保が寄付します。

【貯まった寄付額】
・(4月)91万円分
・(累計)9,910万円分

【ソーラー発電所】
・(累計寄贈数)23基

【コラボレーション】
・(2011年3月)そらべあキッズ応援隊 DVD環境教育教材 作成
・(2012年2月)いわき市の小学校でワークショップ 実施

236162_01.JPG

今後とも当プログラムへのご理解とご協力をどうぞよろしくお願いします。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバック
https://ecology.sonysonpo.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/208538