活動レポート

幼稚園にソーラー発電所を【2019年3月の実績報告】

先日、政府より新しい元号の発表がありました。「令和」と聞き、皆様は初めにどのような印象を持たれたでしょうか。

私は、予想外の漢字の採用だったことに驚いたとともに、古風な印象を受けました。発表後に「令和」の由来や意味を知り、英語では“beautiful harmony”と訳するとのことで、令和2年に開催予定のオリンピック・パラリンピックに向けて日本の良さを海外へより良く発信できるのではないかと思います。

令和時代の幕開けまで1週間を切りました。平成を名残惜しみつつ、新時代に期待を寄せたいですね。

          231747_03.JPG

 

それでは、3月分の「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」の実績報告をさせていただきます。

【予想より走らなかった距離】
3月:1,181,531百㎞

100km=1円を、ソニー損保が寄付します。

【貯まった寄付額】
・(3月)118万円分
・(累計)9,818万円分

【ソーラー発電所】
・(累計寄贈数)23基

【コラボレーション】
・(2011年3月)そらべあキッズ応援隊 DVD環境教育教材 作成
・(2012年2月)いわき市の小学校でワークショップ 実施

231747_02.JPG

今後とも当プログラムへのご理解とご協力をどうぞよろしくお願いします。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバック
https://ecology.sonysonpo.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/204150