活動レポート

幼稚園にソーラー発電所を【2018年3月の実績報告】

この春、関東地方は天気にも恵まれ、満開の桜をご覧になられた方も多かったのではないでしょうか。

美しい桜の名所は全国津々浦々、数多くありますが、今日は東京エリアにあるスタッフお勧めの穴場の桜の名所を紹介したいと思います。それは、東急大井町線大岡山駅の目の前にある、東京工業大学大岡山キャンパス内に咲く植栽年齢50年以上の見事な染井吉野です。

周辺では毎年3月末になると街をあげて「桜まつり」が開催され、普段は静かな街がとても賑やかになります。大学内ではありますが、一般にも開放されており、近隣の方やお花見をされる方々が多く訪れます。

お勧めの理由は、香りを楽しめるほどの近さで桜を鑑賞できることです。また、素敵な本館の佇まいに重なる桜や広い芝生越しの桜、小さな丘の上から眺める桜、程よい数のお花見客と学生たちが桜を楽しむ風景は、都内とは思えないのどかな良い時間となることと思います。

次回の桜花観賞の候補にいかがでしょうか。

20180419-001.JPG

 

それでは、3月分の「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」の実績報告をさせていただきます。

 

【予想より走らなかった距離】
・(3月)970,989百㎞

100km=1円を、ソニー損保が寄付します。

【貯まった寄付額】
・(3月)     97万円分
・(累計)8,745万円分


【ソーラー発電所】
・(累計寄贈数)21基

【コラボレーション】
・(2011年3月)そらべあキッズ応援隊 DVD環境教育教材 作成
・(2012年2月)いわき市の小学校でワークショップ 実施


20180419-002.JPG

今後とも当プログラムへのご理解とご協力をどうぞよろしくお願いします。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバック
https://ecology.sonysonpo.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/196778