活動レポート

幼稚園にソーラー発電所を【2018年1月の実績報告】

毎年、冬場にかけて流行するインフルエンザ。国立感染症研究所の発表によれば、今年は1月末あたりから患者数が急激に増加し、全都道府県で流行発生警報が発令されるなど、インフルエンザが全国で猛威をふるっています。(2018年2月16日時点)

20180226_001.JPG

ところで、インフルエンザの流行については日本国内の情報が主に報道されていますが、世界ではどうなのだろう?と気になったので調べてみました。
厚生労働省のウェブサイトで公開されている情報(インフルエンザQ&A)によると、「インフルエンザは地域によって時期は異なりますが、世界中で流行が見られます。」とのこと。また、厚生労働省検疫所のウェブサイトによると、過去の流行シーズンの最大レベルに達するか、もしくは超えるレベルでインフルエンザが流行している国もあるそうです。

どこかで「自分はかからないだろうと」思ってしまうインフルエンザですが、これだけ流行しているととても怖いですね。インフルエンザにかからないための対策を今一度確認して、油断せずにできる限りの対策を取りたいところです。

<インフルエンザを予防する有効な方法>
1.流行前のワクチン接種
2.飛沫感染対策としての咳エチケット
3.外出後の手洗い等
4.適度な湿度の保持
5.十分な休養とバランスのとれた栄養摂取
6.人混みや繁華街への外出を控える
(厚生労働省のウェブサイト「インフルエンザQ&A」より引用)

それでは、1月分の「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」の実績報告をさせていただきます。

 

【予想より走らなかった距離】
1月:786,913百㎞

100km=1円を、ソニー損保が寄付します。

【貯まった寄付額】
・(1月)78万円分
・(累計)8,557万円分


【ソーラー発電所】
・(累計寄贈数)21基

【コラボレーション】
・(2011年3月)そらべあキッズ応援隊 DVD環境教育教材 作成
・(2012年2月)いわき市の小学校でワークショップ 実施

20180226_002.JPG

今後とも当プログラムへのご理解とご協力をどうぞよろしくお願いします。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバック
https://ecology.sonysonpo.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/195219