活動レポート

幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム【2014年4月の実績報告】

グリーンカーテンプロジェクト「ぷちECOの種を育てよう2014」がスタートしています。私もゴーヤの種を入手し、ゴーヤのグリーンカーテン作りに初挑戦してみました。
種から始める場合、まず種を発芽させなくてはいけません。種の発芽には、種の尖った部分を切り、水に浸して発芽を待つ・・・という作業が必要なのですが、先日トライした種は数週間経っても発芽せず、失敗に終わってしまいました。
調べてみると、発芽しなかった原因には以下が考えられるようです。

  1. 気温が低い・・・ゴーヤの種の発芽に適した気温は25℃~30℃くらい。最低でも20℃くらいは必要。ただし、直射日光の当たる場所は避ける。
  2. ゴーヤの種を浸している水が多すぎる・・・あまりたくさんの水に浸すと、ゴーヤの種にカビが生えたり腐ったりしてしまう場合がある。
  3. ゴーヤの種の先端を切りすぎた・・・発芽しやすくするためにゴーヤの種のとがった方の先端を少し切るが、切りすぎてしまうと発芽しない場合がある。中の緑の部分まで切らないように注意が必要。

思い返してみると、私の場合、1.の気温の低さが原因だったのかもしれません。
実は、1回目の挑戦が失敗しても大丈夫なように、予備のゴーヤの種を残していました。すでに5月も終盤に差し掛かっていて、種の発芽に再チャレンジするには時期が遅いかもしれませんが、失敗の教訓を活かし、なんとか発芽させたいと思います。

皆様もグリーンカーテンを育てていらしたら、ぜひ「ぷちECOの種を育てよう2014」に投稿してくださいね。皆様のご参加をお待ちしています。

 

それでは、先月分の「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」の実績報告をさせていただきます。

 

【予想より走らなかった距離】
・582,304百km

100km=1円を、ソニー損保が寄付します。

【貯まった寄付額】
・(今月)58万円分
・(累計)5,469万円分

【ソーラー発電所(そらべあ発電所)】
・(累計寄贈数)13基

【コラボレーション(取組実績)】
・(2011年3月)そらべあキッズ応援隊 DVD環境教育教材 作成
・(2012年2月)いわき市の小学校でワークショップ 実施

201405_00301.jpg

今後とも当プログラムへのご理解とご協力をどうぞよろしくお願いします。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバック
https://ecology.sonysonpo.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/144382

コメントする