活動レポート

幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム【2013年12月の実績報告】

165502_01.gif「週末から冬将軍がやってきます・・・」
毎年、本格的な冬が近づくと、天気予報でこのようなフレーズを聞きます。
「冬将軍」の到来=真冬の到来、を意味するようですが、なぜわざわざ「将軍」という言葉を使っているのでしょうか?

調べてみると、語源は英語にあることが分かりました。
1812年、モスクワに遠征したナポレオンが冬の寒さと雪が原因で敗退したことを、イギリスの新聞が「ナポレオンがgeneral frostに負けた」と報じました。その情報が日本に入ってきた際に、general frost=「冬将軍」と訳されたことに由来しているそうです。
「冬将軍」という言葉が定着したのも、「鳥が歌う」「風がささやく」など擬人法を昔から使っている日本人だからこそなのでしょうか。

冬は夏に比べ日照時間が短く、太陽光発電の発電量も少なくなってしまいます。今頃は全国のそらべあ発電所も「冬将軍」と戦っているのかもしれませんね。
 

 

それでは、先月分の実績報告をさせていただきます。

 

【予想より走らなかった距離】
・ 585,983百km

100km=1円を、ソニー損保が寄付します。

【貯まった寄付額】
・(今月)58万円分
・(累計)5,206万円分

【ソーラー発電所(そらべあ発電所)】
・(累計寄贈数)12基

【コラボレーション(取組実績)】
・(2011年3月)そらべあキッズ応援隊 DVD環境教育教材 作成
・(2012年2月)いわき市の小学校でワークショップ 実施

201401_001_01.JPG

今後とも当プログラムへのご理解とご協力をどうぞよろしくお願いします。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバック
https://ecology.sonysonpo.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/143132

コメントする