活動レポート

幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム【2013年8月の実績報告】

9月に入りましたが、まだまだ厳しい残暑が続いています。
私は夏が好きな方なのですが、今年の夏はあまりの暑さに「もう十分・・・」という気がして、秋はいつ来るのだろう?と、ついつい首を長くしてしまいます。

eco201309_001_2.jpg秋と言えば・・・ではないですが、9月には秋の到来を感じさせるイベントがあります。それは「十五夜」です。旧暦の8月15日は「十五夜」と呼ばれ、この日は月の見える場所にすすきを飾り、お団子などをお供えして月を眺めるという行事です。昔の人たちは月を見ながら歌を詠んだそうですが、なんとも風流ですね。

ところで、月にはうさぎが住んでいる、と耳にしたことがあるかと思います。これは日本から見る月の模様がどことなく「餅をついているうさぎ」に見えるからである、と言われています。
では、外国でも同じように言われているかどうかご存じですか?
月は地球に対して常に同じ向きを向いているため、国・地域によって月が見せる表情は変わります。調べてみるととても面白いことが分かりました。

eco201309_001_4.jpg

諸説あるようですが、南ヨーロッパでは「大きなハサミをもったカニ」、ドイツでは「薪を背負った男性」が月に住んでいる、と言われているようです。確かに、よく見てみるとそれらしく見えてきます。
見え方やモノのとらえ方は違いますが、月に何らかの想いをはせているのは日本だけではないと思うと、面白いですね。
今年2013年の「十五夜」は9月19日(木)だそうです。まだまだ暑さは残っていると思いますが、「十五夜」当日は暑さを忘れて月を眺めてみてはいかがですか?

 

それでは、先月分の実績報告をさせていただきます。

 

【予想より走らなかった距離】
・ 566,539百km

100km=1ecoマイルとして、ソニー損保がecoマイルを集計していきます。

【貯まったecoマイル】
・(今月)56万ecoマイル
・(累計)4,969万ecoマイル

【ソーラー発電所】
・(累計寄贈数)11基

【コラボレーション(取組実績)】
・(2011年3月作成)そらべあキッズ応援隊 DVD環境教育教材 作成
・(2012年2月実施)いわき市の小学校でワークショップ 実施

今後とも当プログラムへのご理解とご協力をどうぞよろしくお願いします。

eco201309_001_01.JPG

*ecoマイルについて詳しくはこちらをご覧ください。
*貯まったecoマイルは、大部分をソーラー発電所の寄贈に充当し、一部をそらべあ基金とのコラボレーションによる環境教育や社会貢献活動などに充当しています。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバック
https://ecology.sonysonpo.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/136240

コメントする