活動レポート

幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム【2013年4月の実績報告】

5月に入ったばかりと思っていたら、ゴールデンウィークもあっという間に終わってしまいました。今年のゴールデンウィークは連休の合間に平日が3日入っていたこともあり、例年に比べて長期の海外旅行よりも国内旅行に人気が集まったそうです。
そんな中、私はゴールデンウィーク後半に友人と千葉県の館山に行ってきました。天気にも恵まれ、とてものんびり過ごすことができたのですが、予想通り帰りは渋滞に。
渋滞といえば、渋滞にはまってしまった時、隣の車線が一時的にスムーズになって車線変更をしたと思えば、元いた車線がまた動きはじめた・・・という体験をされたことがあるのではないでしょうか。
そんな時ふと気になるのが、「渋滞に遭遇してしまった時、どの車線にいるのが一番良いか?」ということです。

さっそく調べてみたところ、いろいろな解釈がありましたが、「上り車線に関していえば、左車線にいる方が早い」と述べているコラムを見つけました。それによると、ドライバーは「早く前に進みたい」という心理から流れがスムーズに見える方へと移動する傾向にあるそうで、追越し車線がまず渋滞してくるそうです。また、上り線ではインターチェンジごとに左車線の車が減っていくため、自然と左車線の方が早く目的地に着く、ということになるそうです。下り線に関していえば、反対にインターチェンジごとに左車線に車が増えていくことになるので、左車線の方が早い、とは言い切れないとか。
「なるほど」と思う内容であっただけに、もし次に上り線で渋滞に遭遇してしまった時は左車線走行を実践してみようかと思います。
渋滞の時間が減る分、消費するガソリンも減らせるという計算ですが、はたしてうまくいくでしょうか・・・。
皆さまも一度、渋滞時の左車線走行を試してみてはいかがでしょうか?

 

それでは、先月分の実績報告をさせていただきます。

 

【予想より走らなかった距離】
663,368百km

100km=1ecoマイルとして、ソニー損保がecoマイルを集計していきます。

【貯まったecoマイル】
・(今月)66万ecoマイル
・(累計)4,717万ecoマイル

【ソーラー発電所】
・(累計寄贈数)10基

【コラボレーション(取組実績)】
・(2011年3月作成)そらべあキッズ応援隊 DVD環境教育教材 作成
・(2012年2月実施)いわき市の小学校でワークショップ 実施

今後とも当プログラムへのご理解とご協力をどうぞよろしくお願いします。

eco201305_001_01.JPG

*ecoマイルについて詳しくはこちらをご覧ください。
*貯まったecoマイルは、大部分をソーラー発電所の寄贈に充当し、一部をそらべあ基金とのコラボレーションによる環境教育や社会貢献活動などに充当しています。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバック
https://ecology.sonysonpo.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/130696

コメントする