活動レポート

幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム【2013年2月の実績報告】

3月に入り、気候もだいぶ暖かくなってきました。やっと寒い思いをしなくてすむ!と思った矢先、暖かくなると辛い思いをされる方が増えてくるかと思います。
そう、「花粉」です。
私はもともと花粉症ではないのですが、ここ最近、外に出ると眼がかゆかったりくしゃみが止まらなくなったりしてきました。症状的には思いっきり花粉症?ついに発症してしまったか・・・と、少し残念な気分に陥っています。

そんな花粉症の方の天敵である花粉ですが、東日本地域では去年よりも花粉飛散量が非常に多くなっているとのこと。その理由を調べてみると、その年の花粉飛散量は、前年夏の気候で決まるそうです。日照時間が長く、気温が高いほど木々は花粉を蓄えるようで、去年の暑かった日々を思い出すと、「なるほど」と納得ができました。
しかし、私たちが寄贈させていただいているソーラー発電所が本領を発揮するのは、日照時間が長くなるこれからの季節。来年の花粉が辛くなるから・・・という考えは捨てて、ソーラー発電所の寄贈を進める担当者として、今年の春夏も太陽がたくさん照らしてくれることを願いたいと思います。

それでは、かゆい眼をこすりつつ、先月分の実績報告をさせていただきます。

 

【予想より走らなかった距離】
720,043百km

100km=1ecoマイルとして、ソニー損保がecoマイルを集計していきます。

【貯まったecoマイル】
・(今月)72万ecoマイル
・(累計)4,571万ecoマイル

【ソーラー発電所】
・(累計寄贈数)10基

【コラボレーション(取組実績)】
・(2011年3月作成)そらべあキッズ応援隊 DVD環境教育教材 作成
・(2012年2月実施)いわき市の小学校でワークショップ 実施

今後とも当プログラムへのご理解とご協力をどうぞよろしくお願いします。

eco201303_001_01.JPG

*ecoマイルについて詳しくはこちらをご覧ください。
*貯まったecoマイルは、大部分をソーラー発電所の寄贈に充当し、一部をそらべあ基金とのコラボレーションによる環境教育や社会貢献活動などに充当しています。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバック
https://ecology.sonysonpo.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/125904

コメントする