活動レポート

幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム【2012年11月の実績報告】

12月に入り、寒さが一段と増してきました。都内でもその寒さを実感していて、早々にマフラーや手袋が手放せなくなっています。

さて、先日の12月3日、沖縄電力管内を除く地域にて、全国的な節電要請が政府から出されました。これからの冬本番を迎える前に、家庭でも節電の準備が必要となりそうです。
日中はカーテンを開けて日光を取りこんでおく、窓に冷気の侵入を防ぐシートを貼るなどでも、電気を使わない寒さ対策になるようです。最近ではインターネット上でいろいろな暮らしの知恵を共有できますので、そういったところから寒さ対策を取り入れるのも一つの手かもしれませんね。

寒さといえば、先月の11月28日に、ソニー損保にとって10基目となるそらべあ発電所の寄贈を記念した式典に参加すべく、宮城県仙台市の保育園に行ってきました。仙台では11月27日に初雪が降ったそうで、東京都内と比べて、冷たい風の鋭さを感じました。しかし、大人たちは寒がっていても、式典のために訪れた園では子どもたちが外で元気に遊んでいる様子が。久しぶりに「子どもは風の子」という言葉を思い出しました。

元気の良い子どもたちが迎えてくれた保育園での式典については、後日報告させていただきます。
それでは、先月分の実績報告です。
 

 

【予想より走らなかった距離】
563,036百km

100km=1ecoマイルとして、ソニー損保がecoマイルを集計していきます。

【貯まったecoマイル】
・(今月)56万ecoマイル
・(累計)4,369万ecoマイル

【ソーラー発電所】
・(累計寄贈数)10基

【コラボレーション(取組実績)】
・(2011年3月作成)そらべあキッズ応援隊 DVD環境教育教材 作成
・(2012年2月実施)いわき市の小学校でワークショップ 実施

今後とも当プログラムへのご理解とご協力をどうぞよろしくお願いします。

eco201212_001_01.JPG

*ecoマイルについて詳しくはこちらをご覧ください。
*貯まったecoマイルは、大部分をソーラー発電所の寄贈に充当し、一部をそらべあ基金とのコラボレーションによる環境教育や社会貢献活動などに充当しています。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバック
https://ecology.sonysonpo.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/117864

コメントする