みんなのぷちECO

このページは2009年の『「ぷちECOの種」を育てよう』です。
本年度版の『「ぷちECOの種」を育てよう2012』は終了いたしました。

eco検定 受験報告!

【「eco検定」合格までの道(その3)】の続きです。

ソニー損保「ぷちECO事務局」の片岡です。

一昨日(7月26日)はeco検定の試験日でした。
私と松田と上司の渡辺の3名で横浜地区の試験会場である「横浜市立大学」に行ってきました。


会場となった横浜市立大学は横浜市南部の金沢区に位置し、京急線という私鉄の金沢八景駅から徒歩5分にあります。(横浜市金沢区:すぐ隣は鎌倉市と横須賀市です)
金沢八景駅までの電車の車内ではeco検定のテキストを開いている人がたくさんいました。
もっとマイナーな試験だと勝手に思っていたので少し驚きました。


写真1:
「京急線 金沢八景駅」のどかな雰囲気のかわいらしい小さな駅です。
金沢八景駅


写真2:
駅前に茅葺(かやぶき)屋根の民家が残っています。茅葺屋根は夏涼しく冬暖かいときいたことがあります。昔ながらの生活にはeco生活のヒントが隠されているのかもしれません。
かやぶき屋根の民家


写真3:
横浜市立大学の正門です。受験生が続々と詰め掛けています。
横浜市立大学正門


写真4:
横浜市立大学のキャンパス内。イチョウ並木が気持ちいいです。秋は黄金色に染まってきっと素晴らしい光景でしょう。
横浜市大の銀杏並木


写真5:
キャンパス内のあちこちで緑のカーテンを育てていました。
ゴーヤの緑のカーテン


写真6:
思った以上に受験者数が多いので驚きました。受験番号ごとに数多くの教室に分かれます。
受験番号一覧


写真7:
横浜市立大学ではゴミの分別回収をきっちりやっているようです。
ごみの分別回収


写真8:
試験会場の教室。年齢・性別も様々な方が受験に来ていました。ちょっと早めについたので空席が目立ちますが、試験が始まるころにはほぼ埋まりました。
試験会場内


写真9:
試験後の渡辺(右)と松田(左)。試験を終えてほっと一息。
受験後の松田・渡辺

eco検定は70点が合格点なのですが、過去問題で出ていない最近のeco関連トピックや法改正から出題されたところもあり、私にはちょっと難しく感じました。果たして結果はどうでしょう。
結果発表は9月なので、それまでは合格ラインをクリアできたのかちょっと不安です。

このブログで5月にeco検定を受験することを宣言して、テキストと過去問題集を購入し、(試験が近づいてからですが)週末に少しずつ勉強をしてきました。
実際に勉強をはじめてみると、今まで単に「ニュースで聞いたことがある」レベルだった環境関連の言葉が頭の中で有機的につながり始め、ようやく当エコロジーサイトの企画・運営に役立てる知識が身についてきたような気がします。

今回のeco検定については、合格・不合格という結果よりも、当エコロジーサイトをきっかけとして、ecoについて関心を持つように自分自身が変わったことだけでも、はじめの一歩としては価値があったのではないかと感じています。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバック
https://ecology.sonysonpo.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/49467

コメントする

『「ぷちECOの種」を育てよう2009』へのコメントの受付は終了いたしました。
本年度版の『「ぷちECOの種」を育てよう2012』は終了いたしました。