みんなのぷちECO

このページは2009年の『「ぷちECOの種」を育てよう』です。
本年度版の『「ぷちECOの種」を育てよう2012』は終了いたしました。

ゴーヤ成長記録(発芽~プランター移植)

「ゴーヤ成長記録(種まき~発根)」の続きです。


4月30日 今度こそ芽が。
芽がにょきにょきと出てきました。ホッと一息。

ゴーヤの芽が出てきました

5月3日 順調です。
順調に育ってきました。会社の同僚のNobu@神奈川さんや「ぷちECO事務局」から情報収集をし次のステップへの準備開始です。

ゴーヤの苗が順調に育っています

5月5日 「サカタのタネ」へ行く。
自宅近くの「サカタのタネ」を行き必要な物を調達してきました。まさに私のような初心者向きのセットが販売されていました。内容はプランター本体、軽石、培養土、ネットやポールなどです。

ゴーヤ育成セット

家に帰って早速ネットと格闘。写真まで仕上げるのに相当苦労しました。私のセンスの問題でしょう。強度をアップさせるために別にあったポールを筋かい的にクロスでかましてみました。これが功を奏したようです。その結果、やっと、ベランダの窓の前に設置完了です。

ネットを設置

上部の固定は、壁に接着するフックを使いました。利用したのはタイル用のフックで強力な両面テープで接着します。比較的しっかり付きました。ただ、現状ではフック2個で固定していますが、近々もう2個追加を考えています。

ネットを壁にフックで固定する

いよいよプランターへ植え替えです。まず、軽石を敷いてその上に培養土を流し込みます。その上にハンディガーデンから元気な2苗を移植です。苗数を多くすると共倒れになるそうです。2苗が適当というのは「サカタのタネ」情報です。なせか、ここから息子が盛んに手伝いだしました。理由を聞いたら「夏休みの自由研究にする」、とちゃっかりした答えでした。

ゴーヤをプランターへ植替えする

私の家のある横浜方面はゴールデンウィークの後半から温度が下がったので、プランターはまだ室内においています。今週末にはベランダへ出そうと思っています。ここまでが順調なのでこれからが楽しみです。

ただ、気がかりなのは成長してきた残りの苗たちです。我が家ではもうスペースがないので何か考えたいと思います。

長くなりましたが、今後はまめに成長記録を報告します。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバック
https://ecology.sonysonpo.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/49299

コメントする

『「ぷちECOの種」を育てよう2009』へのコメントの受付は終了いたしました。
本年度版の『「ぷちECOの種」を育てよう2012』は終了いたしました。