みんなのぷちECO

このページは2009年の『「ぷちECOの種」を育てよう』です。
本年度版の『「ぷちECOの種」を育てよう2012』は終了いたしました。

『ぷちECOの種』観察日記

【3月12日:晴れ後曇り】
待望の『ぷちECOの種』が届く。
ゴーヤは、我が家のキャットフォリド・ガーデン(ちょっとした駄洒落)でも家内の所望もあり、かねてから育ててみたいと思っていた。
早速開封して落胆。なんと貴重な種が無残な姿に。さてどうしたものかとの心配も、ホームページを開いてみてこれまたビックリ。すでに再送する旨の連絡あり。事務局さんの誠意ある迅速対応に一安心。

【3月19日:曇り後時々薄日】
見覚えある封筒が今度は完璧な包装状態で届く。
この会社の地球環境への取り組み熱意や誠実な対応が汲み取れて、それが殊の外うれしい。お世辞抜きで『ソニー損保』さんが好きになる。
早速発芽手順を開始したいが、我が家地域は六甲摩耶連山の北部に位置し、神戸中心部(三宮など)と比べて平均気温が5~6℃低いので、心は逸るが同封注意書を参考に、約1週間ほど自重することにしよう。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバック
https://ecology.sonysonpo.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/49240

コメントする

『「ぷちECOの種」を育てよう2009』へのコメントの受付は終了いたしました。
本年度版の『「ぷちECOの種」を育てよう2012』は終了いたしました。