活動レポート

幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム【2017年7月の実績報告】

「ぷちECOの種」を育てよう(2017)に、グリーンカーテンを育てている皆様から投稿いただいた観察日記をいつも楽しく拝見しています。8月に入り、皆さん続々と収穫されているようですが、収穫されたゴーヤの写真を見ているとついゴーヤを食べたくなってきますね。

217715_02.png私はゴーヤの苦味が少し苦手なので、下処理として、スライスしたゴーヤを塩もみし軽く湯通ししています。そうすることで苦味が軽減され、とても食べやすくなります。
また、ゴーヤのスタンダードな食べ方かもしれませんが、鰹節や卵と一緒に調理するとさらに苦味が軽減されますので、ゴーヤの苦味が苦手であまり食べないという方は一度試してみてはいかがでしょうか。

実はゴーヤは捨てられがちな「わた」の部分も、天ぷらやおひたしとしておいしく食べられるそうです。ゴーヤは捨てる部分がほとんどないエコな食材だったのですね。
今度ゴーヤを食卓に出すときは、わたを捨てずに調理して食べてみたいと思います。

それでは、7月分の「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」の実績報告をさせていただきます。
 

【予想より走らなかった距離】
7月:691,368百㎞

100km=1円を、ソニー損保が寄付します。

【貯まった寄付額】
・(7月)69万円分
・(累計)8,146万円分


【ソーラー発電所】
・(累計寄贈数)20基

【コラボレーション】
・(2011年3月)そらべあキッズ応援隊 DVD環境教育教材 作成
・(2012年2月)いわき市の小学校でワークショップ 実施
217715_01.JPG

今後とも当プログラムへのご理解とご協力をどうぞよろしくお願いします。
 

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバック
http://ecology.sonysonpo.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/190703