活動レポート

幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム【2017年2月の実績報告】

214935_01.png弊社19基目となる太陽光発電設備「そらべあ発電所」の寄贈先が、大阪府四条畷市の保育園、「社会福祉法人北出福祉会なわてすみれ園」に決定しました。

なわてすみれ園は、そらべあ基金の取組みである『再生可能エネルギーの普及・啓発活動』『未来を担う子どもたちへの環境教育』などに対する理解の高さや、今後の環境教育への熱意が評価され、寄贈先に選ばれました。

四条畷市は市の中心部から東部にかけて生駒山地が広がっており、大阪府の中でも自然豊かな市とのこと。
自然豊かな環境でのびのびと育っている子どもたちに会えるのが今からとても楽しみです。

なわてすみれ園でのそらべあ発電所の寄贈記念式典は、3月22日(水)に実施予定です。
式典の様子は後日プログラムブログにてレポートしますので、どうぞお楽しみに。

それでは、2月分の「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」の実績報告をさせていただきます。

【予想より走らなかった距離】
2月:820,166百㎞

100km=1円を、ソニー損保が寄付します。

【貯まった寄付額】
・(2月)82万円分
・(累計)7,773万円分


【ソーラー発電所】
・(累計寄贈数)18基

【コラボレーション】
・(2011年3月)そらべあキッズ応援隊 DVD環境教育教材 作成
・(2012年2月)いわき市の小学校でワークショップ 実施

214935_02.png

今後とも当プログラムへのご理解とご協力をどうぞよろしくお願いします。
 

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバック
http://ecology.sonysonpo.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/188046