活動レポート

幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム【2017年1月の実績報告】

皆さんは“あずきカイロ”をご存じですか?
使い捨てカイロとは違い、保温時間は15分~20分程度ですが、電子レンジで温めて繰返し使うことができるエコなカイロです。あずきにはたくさん水分が含まれているため、電子レンジで温めるとあずきが発熱し、蒸気を含んだ温熱で疲れた目や肩をじんわりと優しく温めてくれます。

213519_01.JPGあずきカイロはドラッグストアなどで市販されていますが、自分で作ることもできます。
必要な素材は、あずきと布とソーイングセット。布はレンジで使用する際に発火する危険性がある化学繊維は避けて綿素材のものを選ぶ必要があります。

私はネックピローとして作りましたが、冷えたお腹や腰を温めたり、半分に折ればアイピローとして使えるなど、いろんな用途で使うことができ大変重宝しています。
今では、あずきカイロでリラックスしてから就寝することが日課になりました。

寒さも手伝っていつもより体に疲れを感じている方は多いのではないでしょうか。市販のものでもよいですが、簡単に作ることができるあずきカイロでほっこりしてみませんか。

それでは、1月分の「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」の実績報告をさせていただきます。


【予想より走らなかった距離】
1月:672,504百㎞

100km=1円を、ソニー損保が寄付します。

【貯まった寄付額】
・(1月)67万円分
・(累計)7,691万円分


【ソーラー発電所】
・(累計寄贈数)18基

【コラボレーション】
・(2011年3月)そらべあキッズ応援隊 DVD環境教育教材 作成
・(2012年2月)いわき市の小学校でワークショップ 実施

213519_02.png



今後とも当プログラムへのご理解とご協力をどうぞよろしくお願いします。
 

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバック
http://ecology.sonysonpo.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/186664