活動レポート

山の日カーボン・オフセットキャンペーン

今年から、8月11日は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨とした国民の祝日、「山の日」になりました。
「山の日」にちなみ、経済産業省・林野庁・山梨県・静岡県が後援する「山の日カーボン・オフセットキャンペーン」が、富士山周辺で展開される予定です。ソニー損保も同キャンペーンに参加していますので、お知らせします。

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*


『山の日カーボン・オフセットキャンペーン』

富士山への主要ルートである「富士スバルライン」「富士山スカイライン」を通行するクルマから排出されるCO2を、富士山周辺の太陽光発電や森林管理プロジェクトで生まれたクレジットでカーボン・オフセットすることで自然環境への負荷の軽減を目指したキャンペーンです。

富士山周辺は、主要道路のマイカー規制を実施(*)することで環境負荷をできるだけ低減していますが、それでも排出されてしまうCO2を、参加企業・団体の協力によってカーボン・オフセットします。

◇山の日カーボン・オフセットキャンペーン
https://japancredit.go.jp/cp/02/

208694_01.JPG

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

 

自然に囲まれた道路をドライブするのは、とても気持ち良いですね。
景色に気を取られないよう安全運転で、そして、自然にやさしいエコドライブを心がけたいものです。

富士山への主要ルートである「富士スバルライン」「富士山スカイライン」「「ふじあざみライン」は、いずれも夏季はマイカー規制が実施されていますのでご注意ください。

今回の「山の日カーボン・オフセットキャンペーン」は、富士山周辺の森林管理プロジェクトなどで生まれたクレジットでカーボン・オフセットする取組みですが、ソニー損保でも、CO₂排出削減策の一環として、J-クレジット制度を活用して森林吸収プロジェクトのクレジットを購入しています。ソニー損保の環境保全活動については、こちらをご覧ください。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバック
http://ecology.sonysonpo.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/182041